ピンチはチャンス!ポジティブ発想で成功する

  • ピンチはチャンス!は名言である

「ピンチはチャンス」という言葉、名言ですよね。

この逆転発想で、ピンチになっても前向きに取り組んでいけば

ピンチの前よりも大きく成長できて、そして成功できるから

やっぱり「ピンチはチャンス」なのです。

先日、参加していたセミナーでお会いした社長は、

まさにこのピンチをチャンスと捉えている超ポジティブ社長。

ご自身の病気をきっかけに、ビジネスを始めて、

それを社員達と一生懸命広めて成功させてきたところに、

今度はまた別の病気になって、それをきっかけに新たなビジネスをスタートするも、

社員達が社長の方向転換についてこれずに退社してしまい、

共に頑張ってきた仲間を失って、ビジネスの規模を縮小せざるを得ない状況に。

まさにピンチですよね。

でも社長のすごいところは、ここから。

一人になっても新しいビジネスへの確信を高めて、コツコツと続けてきて

将来の展望を考えて、ビジネスモデル構築の勉強のためセミナーに参加されていたのです。

社長から出る言葉やアイデアは、未来に向かった自信と希望だけ。

本当にポジティブで、話しているこちらまで元気をもらえます。

こういう人は必ず成功するし、良い事をどんどん引き寄せていくはず。

社員達が辞めてしまうというピンチがなければ、

危機感を感じることなく、セミナーに参加することもなかったかもしれない。

ピンチがあったからこそ、このチャンスが巡ってきた。そんな気がします。

  • ピンチは神様からのプレゼント

物販をやっていると、なぜか急に売れなくなるタイミングがあります。

今まで通りに仕入れも出品もやっているのに、なぜか売れなくなる。

理由がわからず、気持ちが落ち込む経験は、誰もが味わっているはずですが、

やはりここでもピンチはチャンス、神様からのプレゼントです。

売れないのには、必ず理由があります。

今まで通りにやっているつもりでも、慣れ過ぎて何か見落としている部分があったり、

真似されて出品が多くなって売れなくなっていたり、相場が下がっていたり。

時期的に売れにくい時期もありますが、それでも売れている人は必ずいるので

どこかに何か自分の出品が売れない理由があるはず。

そこを見直すチャンス。

見直すと、今まで気付けなかった問題点に気付けることもあります。

もっとリサーチ範囲を広げて商品の幅を広げることや、

出品ページの改善、ライバルの研究、仕入れ先の開拓など、

どれも常に必要なはずの努力は、実際はピンチにならなければなかなか実行できません。

ピンチがあるから成長できる!その繰り返しです。

  • 大事なのは捉え方

同じ出来事を、ピンチと捉えて終わるのか、

ピンチはチャンスと発想を転換するのか。

大事なのは、自分自身の物事の捉え方です。

同じ理論で、時間がないから出来ない、お金がないから出来ない、

田舎に住んでいるから出来ない、女性だから出来ない、子供がいるから出来ない・・・など

出来ない理由を言い訳にして諦めてしまう人、いますよね。

ここでも、「出来ない」をどうやったら「出来る」に変えられるか、

逆転の発想で、物事の捉え方を変えれば未来は大きく変わってきます。

何かや誰かのせいにして諦めてしまうよりも、

発想の転換をしてポジティブに進む!

人生一度きりですから、最後に後悔しない生き方をしたいです^^

荒井智代
元国家公務員、特許庁審査官を14年で退職し
ど素人からネットビジネスに挑戦。

eBay輸出を始めて4か月目で月収100万円を達成!
その経験を活かし、輸出スクール講師、コンサルタントとして、幅広い年代の生徒さんを、自分の力で稼げるようになるまで懇切丁寧に指導。

リサーチが大好き、大得意です。

ネットビジネスに加えて、民泊や投資など個人で稼げるビジネスを複数展開し、自由気ままな株式会社の代表取締役してます。

Facebookは毎朝更新中!
「ブログ見ました!」と気軽に友達申請してください。
https://www.facebook.com/tomoyo0615

LINE@でも有益情報を配信中です!
登録無料なのでぜひ登録して、LINEでお友達になりましょう♪
https://line.me/R/ti/p/%40boz7075r

LINE@ IDから検索:@boz7075r
※IDの前に「@マーク」を忘れずに

◇厳選銘柄配信15日間無料◇株投資情報のファーストクラス

次に来る急騰銘柄をプロが厳選配信

驚異の収益性を実現!

自信があるから15日間無料

登録だけで投資顧問から2つのプレゼント

今すぐ確認するにはこちら↓↓↓

◇厳選銘柄配信15日間無料◇株投資情報のファーストクラス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする