「物販部」8月定例会を開催しました♪

6月からスタートした、

稼ぐ部活「物販部」の8月の定例会を開催しました。

  • 「物販部」とは?

「物販部」とは、インターネットを使って輸出ビジネスをすることを

自分のペースで学ぶ事ができる、グループコンサルです。

日本では人気がない、価値がないとされる物も、

世界中にその商品が欲しい人はいっぱいいます\(^o^)/

家にある不要品から、リサイクルショップ、ヤフオクで仕入れた

Made In Japanの中古品を、ネットで海外輸出します。

輸出は英語だから難しそう!と敬遠されがちですが、

輸出のメリットはそんなもんじゃない、スゴイんですよ♪

英語も実はほとんど使わないし、やり方は全て私がサポートして教えますので

どなたでもネット輸出で稼ぐことが出来ます!

  • インターネット輸出って?
  • 輸出って、国内販売よりどんなメリットがあるの?
  • どんなものが売れるの?
  • どれくらい稼げるの?
  • 英語が苦手でも大丈夫って本当?
  • PC操作も苦手でも大丈夫?
  • 「物販部」に入るとどんなサポートが受けられるの?

そんな疑問を一気に解消する無料セミナーを毎月開催中!

その様子はコチラです(←下線部クリック)

自分で言うのもなんですが(笑)、恐くない!楽しめるセミナーなので

自由が丘散策ついでにぜひご参加ください^^

【次回セミナー】

日時:2017年9月3日(日)13時~14時半

場所:自由が丘グリーンホール http://www.green-hall.com/access.php

参加費:無料!

参加方法:

(1)Facebookイベントページに参加表明

https://www.facebook.com/events/101688733897418??ti=ia

(2)Line@からご連絡ください

https://line.me/R/ti/p/%40boz7075r

LINE@ IDから検索:@boz7075r
※IDの前に「@マーク」を忘れずに

  • 8月定例会

本日の定例会は、参加者10名。

参加者は1人ずつ前に出て、近況報告と「とっておき情報」のシェアをします。

「とっておき情報」とは、その名の通り

今の自分が持っている一番スゴイ情報、みんなに役立つ情報です。

アウトプットは大切で、アウトプットすることで次のインプットが出来るので

自分だけの秘密♪とかケチくさい事は言わず、どんどん情報出していきます。

自分が情報を出せば、今日は他の人から9個のとっておき情報がもらえます。

これはアウトプットしたからこその価値あるインプットです。

アウトプットも練習していくと、どんどん良い情報出せるようになるし、

不思議とそれに伴って良い情報が入ってきます^^

今日もまた面白い情報がシェアされてましたねぇ。

日本では当たり前のものが、海外には売っていない、買えないので

あんなものも普通に売るだけで利益出ちゃう、というような。

そして今日は特別企画で、私からの商品頒布会!

私が店舗で仕入れてきた商品を、原価でお譲りしました。

しっかり利益が出る価格で仕入れているので、

出品する経験、売れる経験、儲かる経験をどんどん積んでもらって

みんなに成長していって欲しいー\(^o^)/

次はまた来月!

それまでに自分のペースでOKなので、楽しみながら稼ぎましょう♪

荒井智代
元国家公務員、特許庁審査官を14年で退職し
ど素人からネットビジネスに挑戦。

eBay輸出を始めて4か月目で月収100万円を達成!
その経験を活かし、輸出スクール講師、コンサルタントとして、幅広い年代の生徒さんを、自分の力で稼げるようになるまで懇切丁寧に指導。

リサーチが大好き、大得意です。

ネットビジネスに加えて、民泊や投資など個人で稼げるビジネスを複数展開し、自由気ままな株式会社の代表取締役してます。

Facebookは毎朝更新中!
「ブログ見ました!」と気軽に友達申請してください。
https://www.facebook.com/tomoyo0615

LINE@でも有益情報を配信中です!
登録無料なのでぜひ登録して、LINEでお友達になりましょう♪
https://line.me/R/ti/p/%40boz7075r

LINE@ IDから検索:@boz7075r
※IDの前に「@マーク」を忘れずに

◇厳選銘柄配信15日間無料◇株投資情報のファーストクラス

次に来る急騰銘柄をプロが厳選配信

驚異の収益性を実現!

自信があるから15日間無料

登録だけで投資顧問から2つのプレゼント

今すぐ確認するにはこちら↓↓↓

◇厳選銘柄配信15日間無料◇株投資情報のファーストクラス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする