脳を休めて若返らせる生活習慣

  • 脳は過労で疲れている

自分も含めてですが、電車の車内でほとんどの人が

スマホの画面を見てますよね。

ゲームしたり、SNS見たり、ニュース読んだりと

電車に乗った瞬間にスマホを取り出して

ひどい時にはスマホ見ながら電車降りていく人もいます。

スマホ中毒になってしまうと、

脳はインプットし続けられて、疲れてしまいます。

脳トレで脳を鍛える前に、まず脳を休めることが大事です。

  • 脳過労の特徴とは

スマホからの情報のインプットが多い「脳過労」が続くと、

脳の老化が始まってきます。老化・・・怖いですよね(^^;

脳過労になると

・感情に関わる「セロトニン」

・記憶に関わる「アセチルコリン」

という神経伝達物質の働きが悪くなります。

それによって、

・集中したいのに集中できない

・物忘れや、うっかりミスが多くなる

・怒りやすくなる

・優柔不断になる

・人に会うのが億劫になってくる

などの症状が現れてきます。

これらの症状は、認知症と比べたら軽度のものですが

脳過労が続いていると、将来的に認知症などになる時期が早まる可能性があるので

早めに対策していきましょう。

  • 脳を緩める生活習慣

疲れて緊張状態になる脳を休めるには、

「緩める」時間を作っていく事が有効です。

緩める=ぼぉーとすること

スマホは遠ざけて、本も読まず、ぼんやりする時間。

私はこれが苦手で、

何かしたくなったり、何か読みたくなるので

敢えて何もしない時間は意識的に作る必要があります。

家族に邪魔されず、一人でぼんやり出来る場所を作っておくといいですよね。

お風呂の中とか、散歩しながらもいいかと思います。

また、無心になれる単純作業をやる事も効果的です。

流行っている「大人の塗り絵」などは、ストレス解消にもなり良さそうです。

音楽を聴く場合は、最新の音楽よりは

昔好きだった曲を聴く方が、

脳の中の古い記憶が音楽と共によみがえってくるので

脳の回路をリフレッシュさせる効果があるそうです。

時間が出来たらぼんやりしようと思っていると

そんな時間は永遠に来ないので、

ぼんやりする時間、スマホを開かない時間などを

予め決めてしまうと、1日の中で脳のバランスが取れて

次の日に脳過労を残さないで済む方法です。

脳がしっかりとオフできていれば、

日中のオンの時間のパフォーマンスもぐっと高まります。

オンオフを上手に取り入れて、

自分の脳を上手に活躍させていきたいですね^^

荒井智代
元国家公務員、特許庁審査官を14年で退職し
ど素人からネットビジネスに挑戦。

eBay輸出を始めて4か月目で月収100万円を達成!
その経験を活かし、輸出スクール講師、コンサルタントとして、幅広い年代の生徒さんを、自分の力で稼げるようになるまで懇切丁寧に指導。

リサーチが大好き、大得意です。

ネットビジネスに加えて、民泊や投資など個人で稼げるビジネスを複数展開し、自由気ままな株式会社の代表取締役してます。

Facebookは毎朝更新中!
「ブログ見ました!」と気軽に友達申請してください。
https://www.facebook.com/tomoyo0615

LINE@でも有益情報を配信中です!
登録無料なのでぜひ登録して、LINEでお友達になりましょう♪
https://line.me/R/ti/p/%40boz7075r

LINE@ IDから検索:@boz7075r
※IDの前に「@マーク」を忘れずに

◇厳選銘柄配信15日間無料◇株投資情報のファーストクラス

次に来る急騰銘柄をプロが厳選配信

驚異の収益性を実現!

自信があるから15日間無料

登録だけで投資顧問から2つのプレゼント

今すぐ確認するにはこちら↓↓↓

◇厳選銘柄配信15日間無料◇株投資情報のファーストクラス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする