トラブルも恐くない!海外発送は事前準備で対応する

  • 日本の常識は世界の常識ではない!

日本の運送会社は本当にスゴイですよね。

特に、私が一番お世話になっているクロネコヤマト。

2時間毎の時間指定内に、しっかりと安全に配達してくれて

配達のお兄さんの動きはキビキビしてるし、

商品が壊れたり、雨に濡れてたりってほぼないです。

では、海外の運送事情はどうでしょうか?

荷物を投げたり蹴ったりは当たり前ってよく聞きます。

こんな動画も出てますね。

海外の運送事情 https://youtu.be/PKUDTPbDhnA

日本の常識は世界の常識ではなく、

お客様の荷物も丁寧に扱ってもらえない事が多いです。

  • クレームが恐い

輸出ビジネスの無料セミナーをやっていると、

海外発送について質問受けることがよくあります。

届かなかったり、壊れてたりしたら、クレームになりますか?

とても心配だから、輸出をやるのは恐いですって質問です。

確かに、届かなかったり、商品が壊れていたら

買い手側からはクレームがきます。

でも、想定できるクレームに対してしっかりと準備をしておけば

クレームはトラブルにはならず、恐がる必要は全くありません。

  • クレーム対応のための下準備

まずは、「届かない」というクレームに対しては、

発送するときに「追跡番号(Tracking number)」を付けておきます。

そうすると、追跡番号と商品が紐づけされているので、

追跡番号から、いま商品は日本から海外に発送されたんだなとか、

もうバイヤーに届いたなとか、商品の現在の状況が追跡できます。

追跡番号を付けた海外への発送方法は、

郵便局からEMSやePacketという発送方法を選ぶと便利です。

(参考サイト:国際郵便 https://www.post.japanpost.jp/int/index.html)

追跡番号があれば、相手に届いたという証明にもなりますので

万が一「届いてない!」と嘘を言って、返金させようとする詐欺がいても

証拠があれば対抗することができます。

そして「壊れていた」というクレームに対しては、

発送する時点で保険をかけておけば対応できます。

EMSの場合は、20,000円までは無料で保険がかけられて、

以後20,000円増える毎に、50円の保険料を支払います。

例えば60,000円の商品を送る時は、100円の保険料を払っておくと

万が一、郵送事故で破損してしまった時に

60,000円までの実損額を賠償してくれます。

これは、配送途中で荷物がなくなった場合にも有効で

調査依頼を出して「紛失」が確定した場合に、

かけている保険額内で実損額を賠償してもらえます。

  • トラブルになる確率

届かないや壊れているのトラブルになる確率は、

場合によるので明確な数字では出てきませんが、

私が3年間やってきた経験では、非常に少ないです。

1%あるかないか、そんな程度です。

ですので、起こるかどうかわからないトラブルを気にして

輸出ビジネスに取り組まない選択をするのはもったいないです。

対策は全て揃えておけば、トラブルを恐れる必要は全くないので

ぜひ正しいやり方で、新しい事に挑戦してみてください^^

荒井智代
元国家公務員、特許庁審査官を14年で退職し
ど素人からネットビジネスに挑戦。

eBay輸出を始めて4か月目で月収100万円を達成!
その経験を活かし、輸出スクール講師、コンサルタントとして、幅広い年代の生徒さんを、自分の力で稼げるようになるまで懇切丁寧に指導。

リサーチが大好き、大得意です。

ネットビジネスに加えて、民泊や投資など個人で稼げるビジネスを複数展開し、自由気ままな株式会社の代表取締役してます。

Facebookは毎朝更新中!
「ブログ見ました!」と気軽に友達申請してください。
https://www.facebook.com/tomoyo0615

LINE@でも有益情報を配信中です!
登録無料なのでぜひ登録して、LINEでお友達になりましょう♪
https://line.me/R/ti/p/%40boz7075r

LINE@ IDから検索:@boz7075r
※IDの前に「@マーク」を忘れずに

◇厳選銘柄配信15日間無料◇株投資情報のファーストクラス

次に来る急騰銘柄をプロが厳選配信

驚異の収益性を実現!

自信があるから15日間無料

登録だけで投資顧問から2つのプレゼント

今すぐ確認するにはこちら↓↓↓

◇厳選銘柄配信15日間無料◇株投資情報のファーストクラス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする